NAOの認識コンセプトの上限

サリーやマリーが、即興漫才や謎かけのお題を取得するのは、音声認識機能を使うが、クラウドを全く使わないので、全てローカルでやっている。googleのクラウドなんかも使えなくはないのだが、テレビのスタジオやライブの舞台にネットが繋がるとは限らない。テレビの収録では、ほぼ期待できない。そういうことがわかっているのに、クラウドでしか音声認識ができないというのは、馬鹿げた戦略である。

ローカルでNAOがお題を認識するためには、qichatのconceptを使う。この夏までは、コンセプトに2千数百個を入れて、お客さんのお題に対応していた。少ない。そこで、システムを変えて、日本語wikipediaや数千万のツイートを使って、自力でネタをその場で生成するシステムに変更し、お題の認識可能性も8000語に増やした。それが、10月の初め。

さらに今日、AI的手法で、ウィキペディアやツイートから取得した関連語20000語を識別させようと入力したら、認識のための音素にコンパイルするのに3分以上かかったが、できたのだ。ちゃんと認識する。

NAOのコンピュータは相当古いが、ネタに必要な自作ライブラリやスマホからコントロールするためのHTML5関係のファイルしか入れていないので、メインメモリにもディスクにも比較的余裕があった、ので可能になったのではないかと思っている。

今、実際のネタ作りは、同じローカルネット内のパソコンにお題を送って作成させている。インターネットにつなぐ必要はなく、サリーとマリーとパソコンがローカルネットに繋がっていれば良いので、閉鎖空間でも対応できる。

何れにしても、今日はNAOが2万度も識別可能性を持っていることにただ驚愕した。下手すれば、メモリのある限り認識するのではないか。上限が推測できない。まだまだいけそうな気はする。